夏こそハンドケア

冬に使っていたハンドクリームが余ってしまい、次の冬まで寝かせていることってありますよね。
手がカサカサになる冬場は欠かさずつけるハンドクリームですが、春や夏になってもハンドクリームを使っている人は少ないと思います。
しかし、季節に関わりなくハンドクリームは使った方が良いらしいです。
手は年齢が出やすい部分といわれますし、一日中晒されている手は、傷つきやすいのです。
そこで、夏場のハンドケアがなぜ必要なのかをまとめました。

【手にも年齢サイン】

当然のことですが、顔に年齢が出るように、手にも年齢が出ます。
手の皮膚は厚いためシミができるのが遅いといわれますが、一度できてしまうと消すことは難しいです。
年齢と共にコラーゲンやエラスチンなどの成分は減っていき、ターンオーバーが遅くなったり、保湿力が低下したりするのは、顔でも手でも同様です。
だからこそ、美容成分が配合されたハンドクリームで年間通してケアすることを忘れてはいけません。

【紫外線ダメージも】

紫外線が強くなる春から夏にかけて、日焼け止めによるスキンケアは欠かせませんよね。
もちろん手にも塗りますが、洗ったり汗をかいたりして、日焼け止めは流されてしまいます。
よって、日焼け止めやハンドクリームを小まめに塗り直すだけでなく、長袖や手袋で手を守ることも大切です。

参考サイトはシミ取りクリーム人気です。

【更に乾燥も】

汗をかく夏は乾燥していないと思われがちですが、実際は乾燥しています。
紫外線や冷房の影響で乾燥する他に、手洗いによるダメージもあります。
夏は手を洗う機会が多く、ハンドソープを使ったり、何度も洗ったりすることで、潤いに必要な皮脂を落としてしまうのです。
ハンドソープを薄めて使い、手洗いの後はハンドクリームでケアしてあげましょう。
そして、就寝前のハンドケアも効果的です。

【夏場のハンドクリーム選び】

夏場はサラッと使えるもの、日焼け止め効果があるもの、ハーブの香りで蚊を寄せ付けないものなどを選びたいです。
エイジングケアを大事にするなら、ビタミンC誘導体や保湿力を高めるセラミド配合などが良いでしょう。
ハンドクリームは面倒だと思ってしまいがちな夏場には、使い続けたいと思うものを選びたいですね。

動きの多い手は、結構見られているものですよ。